大切なのは、季節に合った肌触りを選ぶこと。

ウール、カシミヤ、アクリル、綿など、さまざまな素材があるブランケット。
大切なのは、機能・肌触りの違いを知り、季節や気温に合わせて選ぶこと。
多彩な種類が揃ったブランケットが眠りの質を高めます。

1 ウール毛布

毛布といえば、やっぱりウール

ウール(羊毛)は、冬は暖かく夏は涼しく過ごすことができる素材です。その秘密はウール独特の構造にあります。ウールには特有の縮れがあり、それは何重にも絡まり合っています。そのすき閻には約60%もの空気を含んでいるため、この空気の層が外部の暑さ、寒さを防ぎ、冬は暖かく夏は涼しく週ごすことができます。また、スケールと呼ばれるウロコ状の表皮が汗や湿気を吸放湿する働きをします。この働きにより吸湿性は綿の2倍になり、ムレにくく快適に過ごせます。

2 カシミヤ毛布

なめらかな肌触りとやさしい温もり

カシミヤ毛布は、カシミヤ山羊から採取した毛を使った毛布。しなやかで軽く、上品な光沢があり、保温性に優れています。繊維が細くて長いため、獣毛繊維独特のチクチク感がありません。また、軽いため羽毛ふとんとの組み合わせにも適しています。カシミヤ山羊の毛は一頭あたりの産毛量が少なく、とても貴重で高価。その原毛は、綿毛(柔らかなうぶ毛)の含有量、繊維の細さや長さ、産地などによって価格差があります。

2 カシミヤ毛布

なめらかな肌触りとやさしい温もり

カシミヤ毛布は、カシミヤ山羊から採取した毛を使った毛布。しなやかで軽く、上品な光沢があり、保温性に優れています。繊維が細くて長いため、獣毛繊維独特のチクチク感がありません。また、軽いため羽毛ふとんとの組み合わせにも適しています。カシミヤ山羊の毛は一頭あたりの産毛量が少なく、とても貴重で高価。その原毛は、綿毛(柔らかなうぶ毛)の含有量、繊維の細さや長さ、産地などによって価格差があります。

3 アクリル毛布

さまざまな付加価値商品が登場

天然素材の毛布に比べて虫食いの心配がなく、手頃な価格とデザイン性のある色柄がアクリル毛布の魅力です。帯電防止などの付加価値がついた機能性商品もあります。アクリル毛布は製造工程によってマイヤー毛布、ニューマイヤー毛布に区別されます。
・マイヤー毛布 カールマイヤー編機で編み上げた2枚の毛布を張り合わせた毛布。張り合わせのため重量感がありますが、ミンクのような風合いが魅力です。
・ニューマイヤー毛布 同じ編機で編み上げた生地の片面を起毛することで1±上げる技法。2枚の生地を張り合わせるよりも軽く什上げることができます。

4 綿毛布

取扱いがしやすくしなやかな肌触り

綿は、水に濡れると繊維の強度が増す素材です。そのため家庭での繰り返しの洗濯に耐えられます。また、繊維の表面が微細ならせん状の構造をしているため繊維自体が柔らかな性質を持っています。
綿は繊維の長さによって、超長繊維綿、長繊維綿、中繊維綿、短繊維綿に分類されます。繊維の長い綿ほどしなやかな天然の撚りをもっため高吊質とされます。紡績工程においても繊維が絡み合いやすく、ふっくら弾力があるものに仕上がります。

4 綿毛布

取扱いがしやすくしなやかな肌触り

綿は、水に濡れると繊維の強度が増す素材です。そのため家庭での繰り返しの洗濯に耐えられます。また、繊維の表面が微細ならせん状の構造をしているため繊維自体が柔らかな性質を持っています。
綿は繊維の長さによって、超長繊維綿、長繊維綿、中繊維綿、短繊維綿に分類されます。繊維の長い綿ほどしなやかな天然の撚りをもっため高吊質とされます。紡績工程においても繊維が絡み合いやすく、ふっくら弾力があるものに仕上がります。