『夜中に何度も目が覚める』

本日は、睡眠のお悩み・不眠症の原因の②.夜中に何度も目が覚める 方への解消法のアドバイスを書いていきたいと思います。

睡眠障害・不眠症は現代病の1つに挙げられています。
つまり、睡眠で悩んでいる方がとても増えているという事なのです。

本日お話する『夜中に何度も目が覚める』
この症状がなぜそのようなことが起きるのか」を深掘りしてみましょう。

何度も目が覚めることには理由があり、そのことの解決策もあるそうです。

実はこれには「体内時計」が深く関係しているようです。

東洋医学の伝統的な考え方によると、人間の全身には“経絡”がくまなく張りめぐらしており、その上を“気”が流れているという。経絡は人間の体内で生命エネルギーを高速に運ぶ役割をしています。
その気は1日を12等分した時。2時間ごとに各臓器を移動するそうです。

時間帯によってその時に最も働きが活発になる臓器が決まっていて、これが体内時計と言われています。

この体内時計が関係して夜中に目が覚める原因は、どれも精神的なものがほとんどです。

自分の今の精神状態がどうかをご自身で考えてみるといいですね。
理由を知り、不眠症解決に進んでいきましょう。

だいたい多くの方が怒りや後悔、ネガティブな考え、が原因のようです。
自分の中で解決しようとしても出来ないけど考えてしまうという方は多いと思います。
お仕事や家事などで、日々疲れているとなかなかストレスを解消する時間もなく、積み重なっていきますよね。

でも寝る時にそのことを考えてしまい、睡眠へ悪影響が出てしまうようになると、起きている時間にストレスを感じやすくなり悪循環になります。
この循環を解決していかなければなりません。

寝る時に考えてしまわないことが一番。
もし夜中に目が覚めてしまった時は、一度お水を飲むといいそうです。お水を飲んで深呼吸を10回程し、気持ちを落ち着かせてまた布団の中に入ってみてください。
その時に今考えずに明日考えようと心に言い、目を閉じてみましょう。

このようにして、頭に考えさせることは、起きている時にすればいいと思い寝ると前や寝ている時に思い出したり考えたりしてしまわないように習慣づけていくことが大事です。

それでは、次回の記事は
③ぐっくり寝た気がしない(熟眠障害)についての記事を書いていきたいと思います。

それでは、また次の記事で(^^)

関連記事

  1. 年齢と共にいびきをかく?

  2. 正しいシーツ交換?

  3. 汗の量・色。調べると奥が深くて。

  4. お父さん、いびきがうるさいよ。

  5. 寝てるの?起きてるの?

  6. 枕の大切さがわかる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

過去記事一覧

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP